私への連絡先はこちらお問い合わせ先

【自宅療養になっても生活に困らない?】介護士が給料を守る方法3選

給料が減ると困る人は必見

  • 自宅待機になったらどうしよう
  • 給料が減ってしまうのかな?
  • 給料が減ると家賃の支払いに困ってしまう

あなたの同僚や入居者で「陽性者」はでていませんか?

あなたもいつかは「陽性者」になるはずです

そうなると「自宅療養」になります

・ 自宅療養について / 厚生労働省

私は2022年の「第7波」で、自宅待機を経験しました。

・ 自宅待機になるまでの行動手順

知人に教えてもらって、「生命保険の給付金申請」もしました

実は自宅療養って「入院扱い」なんです。

つまり、生命保険の「入院給付金」が受け取れる可能性があるんです(契約内容によって異なる)

・ 自宅待機者必見 / 生命保険の入院給付金について

でもあなたが今、気になっているのは給料ですよね?

あなたが自宅待機している間、「給料を確保する方法」を3つ紹介します

この記事を読めば、休んだ分の給料も確保できるはずです

予備知識として読み進めてください
いつか役立つはずです

目次

家賃やローンの支払いに困らない!介護士が絶対にするべき行動3選

黙ってじっとしていても、誰もあなたの給料を心配してはくれません

自分で行動して、自分の収入を守ってください

有給休暇の消化を申し出る

自宅待機で欠勤になった分を、有給消化するのは一番良い方法です

あなたが今の施設で6か月以上勤務しているなら、「有給休暇」があるはずです

施設長に相談して「有給消化」をしましょう

有給消化を選択したら、欠勤した分を満額支給で受け取れます

もし施設長から有給消化を拒否されたら、退職願いをするチャンスです

介護士って退職する時に、引き止めにあって辞めにくいでしょ?

これは良いチャンスだと割り切りましょう

逆に有給消化を認めさせる、駆け引きにも使えます

スタッフが生活に困っている時に、援助もしてくれない施設で働いても「未来は暗い」ですよ

▼ 体験入社は失敗の少ない、おすすめの転職方法です

私の経験談:

私は派遣で働いていますが、私の派遣会社は「有給消化」を提案してくれました

ちゃんと満額受け取れています

大手の派遣会社だから「有給消化」できたんだと思います

中小の派遣会社は厳しいかも・・・

傷病手当金の申請をする

あなたは施設が指定した「健康保険組合」に加入しています

その健康保険料も、毎月の給料から天引きされています

あなたは「健康保険組合」に、「傷病手当金」を申請する権利があります

もし施設に有給消化を拒否されたら、直ぐに「傷病手当金」について調べてください

各保険組合によって申請方法が違います

傷病手当金」にはデメリットがあります

実は「傷病手当金」って、満額支給されません

あと、傷病手当金は3日間の待機期間があります

最初の3日は「対象外」です

あくまで有給消化ができなかった場合の「すべり止め」と考えてください

私の経験談:

私の派遣会社から、「傷病手当金よりも有給消化の方がお得ですよ」と説明されました。

  • 有給消化(満額)は傷病手当金(6割支給)より支給額が高い
  • 有給消化(満額)は傷病手当金(6割支給)より手続きが簡単

結局、私は満額もらえる「有給消化」を選択したんです

傷病手当金は保険組合に申請が必要で、時間と手間もかかると教えてくれました

労災申請をしてみる

自宅待機で収入が減ると、「労災申請の対象」になります

皆さんご存知のように、労災の申請は「書類」や「手続き」がかなり面倒です

認定が下りるまでの時間も、メチャクチャかかりそうです

そのへんの覚悟はした方がいいです

労災って仕事が原因だって証拠がいるんでしょ?

ボクたち介護士は証拠がなくても対象になるって、厚生労働省が説明しているよ

医療・介護関係者の説明ページ

私の経験談:

私の派遣会社から、「労災申請はメチャクチャ面倒くさいですよ」と説明されました

迷うことなく「有給消化」を選択!!

まとめ / 自宅療養になっても給料を守れる方法3選

  1. 有給休暇を消化する
  2. 傷病手当金を申請する
  3. 労災の申請をする

以上の3つの方法で、休んでいる間の給料を確保できます

あなたが優先したいのは、手続きが簡単で満額支給される「有給消化」です

私は派遣会社の勧めで「有給消化」を選択しました

あなたが生命保険に加入しているなら、「入院給付金」の請求も忘れないでくださいね

もらえるお金はしっかり確保しましょう!!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる